カマグラの効果と副作用を解説!
カマグラの効果と副作用を解説! > 子作りできないEDの治療でも保険が効かないのはなぜ

子作りできないEDの治療でも保険が効かないのはなぜ

保険証

ED治療薬は健康保険の対象外であることは広く知られていますが、子作りが出来ないことが理由であっても保険を使って治療することはできません。
この理由としてはそもそも男性側に問題があるEDだけでなく、子作りに対しては健康保険の趣旨とは異なるためです。
健康保険は国民健康保険法によってその趣旨が定められています。
法律の条文には「社会保障及び国民健保の向上に寄与することを目的とする(第1条)」とあり、また「この目的を達するために被保険者の疾病、負傷、出産又は死亡に関して必要な保険給付を行う(第2条)」とあります。
基本的には病気や負傷が対象であり、出産や死亡に関しては、あまり重要視されていません。
そもそも国民の健康を守ることが目的であるため健康である人がその対象にはなりません。
法律では出産に関しては適用の範囲内となっていますが、現実は妊娠から出産までにかかる費用は実は保険の対象となっていませんから多額の費用がかかります。
妊娠から出産までの直接の給付はありませんが、申請することで家族出産育児一時金が支払われます。
しかし、出産に至るまでの妊娠のプロセスは従来の医療を受けるように支払い時に精算されるわけではありませんから、申請をしなければ受け取ることもできません。
一方で妊娠できないといった場合には不妊症が考えられますが、不妊症も保険でカバーできるものではなく、男性にしても女性にしても治療をする場合には全額自己負担で行うことになります。
従って男性の不妊症の一種になるEDに関しても健康保険が適用されることはありません。
それにED治療薬の目的も必ずしも妊娠のプロセスを助けるためのものではなく、単に性行為を行うための目的として服用することがそのほとんどであることが影響しています。
それに価格も高額といったものではなく日本の医療機関でも1錠あたり1500円程度で処方されますからこれまでの男性の不妊治療の中では比較的、費用を抑えて行うことができるものです。

ED治療の価格相場

日本では国民は健康保険に加入することになっていて医療費の一部が国から支払われるので、保険加入者の医療費などの負担は大きなものにはならないのですが、ED治療は健康保険の適用外になります。
基本的にED治療は生活の質を向上させるもので、治療しなくても日常生活などに支障がないということで子作りや性行為を目的になると保険適用外になります。
ED治療薬に関わる治療費は自由診療扱いになるのでクリニックによって異なります。
法外な値段をつけるクリニックはあまりありませんが、製薬会社側からの希望価格が設定されているので、クリニックよってそう大きな価格の変動はないでしょう。
ED治療薬にはいくつか種類がありますがだいたい1錠1,500円~2,000円ぐらいになっていて、一般的な薬よりも少し高値になっています。
近年は有名なED治療薬の特許期間が満了になったので、いろいろなジェネリック医薬品がリリースされているので自分に合ったものを選択することが可能です。
ジェネリック医薬品は安価で購入することができ、従来品と同じ効果を得ることができます。
ジェネリック医薬品の製造が日本ではまだ認められていないので、インターネットにある個人輸入代行サイトを利用するとリーズナブルな価格で購入することが可能です。
市場に出回っているもので極端に価格が安いものは警戒するべきで、中には正規品を取り扱っていなかったり偽物が混入している危険性もあります。
安易に購入することは避けるべきで、医薬品を扱っているサイトを事前に調べておくと良いでしょう。
サイトの口コミや評価などをチェックしたり、レビューなどを確認すると参考になります。
サイトを比較検討することで最適なサイトを見つけることができるでしょう。