カマグラの効果と副作用を解説!
カマグラの効果と副作用を解説! > バイアグラの効果のメカニズム

バイアグラの効果のメカニズム

疑問を感じている医者

バイアグラは勃起不全を改善させる効果があることは今やたくさんの人の知るところとなっていますが、その効果が発揮されるまでのメカニズムまでは詳しく理解していない人が少なくありません。
バイアグラは薬効があらわれる仕組みを知らなくても使用し続けられますが、メカニズムをよく理解することで医薬品そのものだけでなく、勃起不全が起こる仕組みにも詳しくなることができます。
男性が勃起をするまでの過程では環状グアノシン一リン酸と呼ばれる物質が深くかかわっています。
この物質は性的刺激を受けて産生される一酸化窒素によって生成が促されるもので、濃度が高まると陰茎海綿体の筋肉がゆるまって血管が拡張され、海綿体内に血液が流入されるようになります。
勃起はこの血液の流入によって陰茎の圧力が高まることで起きます。
今日、勃起不全は環状グアノシン一リン酸の濃度が十分高まらないのが原因で起きることが知られていますが、その原因をもたらしている物質と考えられているのがホスホジエステラーゼ5です。
これは環状グアノシン一リン酸を分解するはたらきがある酵素で、分解がすすんで環状グアノシン一リン酸の濃度が低下すると、陰茎の圧力が低下して海綿体内に入った血液の流出がはじまり、陰茎は徐々に元の大きさに戻ります。
ホスホジエステラーゼ5は有害な物質ではありませんが、環状グアノシン一リン酸の濃度が低い状況では正常な勃起を妨げます。
バイアグラの有効成分であるシルデナフィルはこの障害を取り除くために使用されるもので、体内に投与するとホスホジエステラーゼ5を阻害して環状グアノシン一リン酸の濃度低下を防ぎます。
シルデナフィルは当初、狭心症の治療に役立てる目的で研究開発がすすめられていた物質で、勃起不全の治療薬としての用途は想定されてはいませんでした。
狭心症治療薬としての成果は不十分でしたが、臨床実験に参加した男性の中に勃起を促進する作用を主張する人がいることがわかったことから、勃起不全治療薬として研究開発がすすめられるようになり、その過程で明らかになったのが上記のメカニズムです。

バイアグラの正規品と偽物の見分け方

前述のメカニズムで勃起不全を改善する効果をもたらすバイアグラは、発売するや否やメディアやインターネットユーザーの間で非常に画期的な薬として評判となり、爆発的なヒットとなりました。
しかし、薬の使い方や副作用をよく把握しないまま服用した人による健康被害も多数報告されました。
一方で、この健康被害とともに大きく問題となったのが偽物のバイアグラの氾濫です。
バイアグラの偽物は今日も多く製造されているといわれており、日本で医療機関を通さずにバイアグラを手に入れる場合は偽物を手にしないように注意する必要があります。
バイアグラの正規品と偽物を見分けるにあたってまず述べておきたいのは、絶対に飲んで判断してはならないということです。
確かにメカニズム通りにバイアグラの効果が現れればその錠剤は正規品といえます。
万が一偽物だったらそれを服用することで全然違う薬効があらわれたり、本来の効果より副作用の方が強く出るおそれがあり、場合によっては命を落とす危険もあります。
バイアグラが正規品かどうかを目で判断する場合の見分け方について述べると、まずは容器や箱をチェックします。
このとき、箱に点字のような加工があること、箱止めシールに製造元の刻印があること、容器にRFIDタグがついていることの3点を調べて、全て存在していれば正規品である可能性は極めて高いです。
容器や箱で判断がつかない場合は錠剤を1つ取り出し、それが青いひし形になっていることと、製造元のロゴと識別コードが両方とも正しく刻まれていることの2点を確認して正規品かどうかを見極めます。
この見分け方で判断するのが難しい場合は錠剤を水にいれてしばらく様子を見ます。
もし、水中に投入してから外側のコーティングが破れて白い薬剤が出てくるまでの時間が2分程度であれば、そのバイアグラは正規品とみなして問題はないでしょう。
また、バイアグラはジェネリックも販売されています。もちろんバイアグラはジェネリックも通販で買えますが、ジェネリックでも同じように偽物には注意する必要がありますので、薬の通販オンラインのようなしっかりとした業者から購入する必要があるでしょう。