円高による影響

これは色々な意見がありますが、良く耳にするのが・・・
円高=輸出が減る=日本にとっては貿易としてマイナスに働く、ということですよね。

また貿易黒字が円高の原因にもなるといわれています。
実際過去、日本においては貿易黒字が続いてきたわけですが、円高=悪い・・・
という考えに対して、異論を唱える方々もいらっしゃいます。

確かに一概に「悪い」と考えてしまうのは短絡的かもしれませんが、
円高になることで、輸出においては国内でかかる人件費等諸々を差し引いて考えると、
円高になればその分、企業側の損失は大きくなることは確かかもしれません。

安く売らなくてはいけない、しかし国内におけるコストはかかる・・・
それは企業にとっては損失が増える可能性が高くなることに関しては理解出来ます。
ただ、円高=輸出が減るということに関しては少し意味合いが違うとは思います。

また逆に円高になると海外から仕入れるコストは削減出来ることから、
輸入業者にとっては利益が出る、そんな意見も耳にしますが、
残念ながら、、国内における消費の冷え込みからすればそれほど円高の恩恵は・・・
受けることは出来ていないのではないでしょうか。

どちらかといえば・・・個人で海外製品を安く仕入れるといった、
個人輸入をするケースなどは、インターネットの普及等の影響もあり、
増えてきているともいわれます。

全体的には円高の悪いイメージを誇張するあまりに、
必要以上にマイナスに働いてしまっている、ともいわれていますよね。