貿易とは

貿易とは何なのか?皆さんは既にご存知かと思いますので説明は不要でしょうが、
一応説明しておきますと貿易とは・・・


「A国とB国(これの異なる国、もしくは地域)との間で行われる商品の売買取引」


のことを指します。

例えば、取引において自国をA国として場合、B国に対して商品を送り出す取引を輸出、
B国から自国のA国に商品を導入してもらう取引をを輸入といいます。

基本的に貿易とは物と物との売買取引(有形物の取引)を指しますが、
中には、技術貿易等の無形物取引もあります。


日本における貿易の始まり

ちなみに日本における貿易はいつから始まっていたのでしょうか?

日本は大陸と離れた島国となってからは、
船という技術が登場し、交易という文化が始まるまでは貿易はありませんでした。

初めての交易相手になったのは隋(中国の王朝)といわれています。

それまでも中国との接触はあったものの、
交易と呼べるような取引をし始めたのは隋、「遣隋使」を遣わすようになってからでしょう。
その後、隋が滅ぼされた後は唐と交易を続け(有名な「遣唐使」)ました。

遡れば・・・1500年以上前から始まっていたということになりますね。


おすすめサイト

  • 準備中

最近の記事